原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2012・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/01 19:59
「南相馬の黒い粉」の考察

Twitterで冷静に様々な分析を行ってきた「Study2007」さんによる「南相馬の黒い粉」の分析報告です。
だらだら検査もしない行政より、素早い動きに注目されたし。

Am49DD5CIAA_Bx-[2]

「南相馬の黒い粉」続報 study2007さんの考察より


市民団体の方がセシウムと銀110mの測定結果を公開してくれました。
①銀との比率から高濃度のサンプルは上流域の土壌由来の様に思えます
②南相馬で100万Bq/kgはやや高過ぎる気がしたので植物や微生物による濃縮効果を考えてきました(過去の考察)が、上流からの移流だと推定すればあり得ることと思われる。
③ただ逆に「上流効果」だとすればやはり高濃度エリアに接した地域特有の難しさもあるという事かもしれません。



(追記)
早川由紀夫さん「南相馬市を流れる川」より
南相馬の川

タイミングよく?林野庁がデータを出してきたようです。
100万ベクレル超えに納得の結果です。
福島県の森林における土壌等に含まれる放射性セシウムの濃度の測定結果について
落葉

スポンサーサイト

南相馬 | comment(0) |


2012/03/01 17:47
院内集会 「原発事故被害者支援法」市民提案

2月29日、衆議院第一議員会館にて行われた「院内集会『原発事故被害者支援法(仮称)』市民提案」
支援法市民提案

当日の資料や、中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)の会議後のインタビュー動画などは、Independent Web Journalを参照。

未分類 | comment(0) |


2012/03/01 17:06
福島原発・警戒区域内ヘリ映像

2月28日撮影 福島原発・警戒区域内ヘリ映像
フクイチ

映像 | comment(0) |


2012/03/01 11:05
被災地の声

時々、被災地のローカルBBSを覗く。
そこでは「現地に住む」または「避難されている」方々の生の声が伝わってくる。
あまり報道されない内容だが、様々な思いと対立が渦巻いている。
短い投稿の中に深い葛藤がある。


今の子供たちは将来、(南相馬市)原町の何を懐かしむのだろうか?
余震に怯える小さな身体で、何を心に刻むのだろうか?
東電は勿論の事だが、今の政府はまるで事故の責任が一切無かったかのような態度が、絶対に許し難い。


避難している人も(南相馬市)原町に居る人も、つらくともとりあえず頑張るしかねーよな。
なにをどう頑張るのかが問題なんだけどねー。
まあ、離れていても生まれ育った地元に対する郷土愛(=愛着)は刷り込まれ
ちゃって、無くならねーな。ドライにはなかなかなれないもんだ。


たしかに何をどうがんばればいいかいまだに見出せないでいます。
避難先でとりあえず仕事はしてるけど、知らない土地で知らない人の為に働いてもまったく覇気がないというか…
こんなんだったら戻って地元の人の為に働いたほうがやる気でるんだろうなって。
実際オレは帰りたくて仕方ないし。ただ、嫁&義母が絶対反対。
こっちに家たてちゃおっか~とか、マジアホかと。
お前ら地元に愛着ないのかと。よくそんなにドライになれるなと。
多分2人がこんな考えだからオレのやる気も余計削がれてるんだと思う。間違いなく。
親兄弟と離れてる俺のこともちったぁ考えろと。


女性はあまり土地に執着しないのでは?
自分の田舎を離れて嫁ぐ人もいるから結婚したら身内や友人なんてなかなか会えないし。
郷土愛なんてないと思いますよ。


(以降追記)
自分が知ってる一家は、要介護の大ばあちゃんが原町に居たがるから
本当はできれば移住したいのにできずにいるぞ。
飯舘の人で、やっぱり高齢の母親が動こうとしないので
仕方なく面倒見るために一緒に住んでる人もいる。
郷土愛なのかどうなのかはわからないけど、土地への執着が強い女性もいるよ。


私も原町の自然は大好きだったけど、ここまで汚染されてしまっては
郷土愛とか言ってる場合じゃなくなってしまった
野菜も作れず子供も外で遊べないなんて、人間の住む所ではないよ


諦めるなんて言わないでほしいよ。
うまくいえないけど、いつかいいことあるって。
俺みたいに(?)いい男がきっと現れるよ。
みんな貧しかったけど、心豊かだったあの頃がそのうちまたいつか
戻ってくると信じよーよ。無理かもしれないけど明るくいこうよ。


俺は仕事で日本国中歩きまわってるし、海外にもしょっちゅう行ってる。
で北海道の大自然も沖縄の島々の海も京都の名跡もハワイの海や空や気候は素晴らしい。
それでも原町(あえてそう書く)がどこにもまして一番素晴らしい街だった。
過去形で書かなくてはならない憤りをどこにも持って行けない自分がいる。


鉄道が通っていて特急も止まって
海も山も自転車で行けないこともない距離にある町って
なかなかないんだよね。意外と。
冬は雪が少ないし、夏はそれほど暑くないし。


ありがとうございます(>_<)
貴方のようなかたも含め、ここは暖かみのある方たちが多いのが嬉しいです。
十代の頃は、こんな何もない田舎、早く出ていってやる!とばかり一度地元を離れたけど戻ったら田舎なりの良さが凄くわかった…。まあ、田舎ゆえ女がいつまでも独身でいると周りから変人扱いされるのが気になるとこですが、それも自分の選んだ人生。
前向きに行きます。


南相馬 | comment(0) |


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。