原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2012・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/08 23:25
地元メディアとは

南相馬市で、警戒区域解除に向けての市民説明会が開かれている。
地元紙と県外メディア、実際のライブ録画映像とを比較してみて欲しい。
相変わらず報道統制を感じる。


南相馬で「避難区域再編」の住民説明会開始

 南相馬市は7日、同市原町区で16日の避難区域再編に向けた市民説明会を始めた。区域再編の詳細や立ち入りの際の注意点を説明、住民からの質問に個別に回答した。
 行政区長らには先行して説明会を開いていたが、一般市民に向けては初めて。市内で9日まで開く。
 初日は500人を超える市民が出席した。桜井勝延市長は冒頭で「区域の解除ですぐ自宅に戻れるわけではない。避難を継続するのが前提」とし、区域再編は帰宅を促す措置ではなく、道路の修繕やインフラ整備に向けた側面が強いことを強調した。出席者からは「除染に向けた見通しはどうなっているのか」「1年間放置していた冷蔵庫はどう処分すればいいのか」といった質問が相次いだ。
(2012年4月8日 福島民友ニュース



区域再編「先に除染を」 南相馬市で市民説明会

 福島第1原発事故による避難区域が16日に再編される南相馬市で7日、市民説明会が始まった。警戒区域の大半は再編により立ち入りがほぼ自由化されるが、出席者からは再編に先立って、除染や安全対策の実施を求める意見が相次いだ。
 初回の会場となった「道の駅南相馬」には約400人が詰めかけ、市は急きょ説明会を2回に分けて実施。桜井勝延市長らが再編後の各地域の区域指定や立ち入り時の注意点や禁止事項を説明した。
 南相馬市は再編により小高、原町両区の警戒区域(約3930世帯)が「避難指示解除準備区域」(約3800世帯)と「居住制限区域」(約130世帯)に分かれ、小高区西部には長期間帰宅できない「帰還困難区域」(1世帯)が残る。
 市の説明によると、全ての区域で警戒区域のような厳しい立ち入り制限は解除されるが、宿泊や家庭ごみの区域外への持ち出しは禁止。上下水道が未整備のため、飲料水を持ち込み、仮設トイレを利用しなければならないという。
 会場からは「除染作業を先行させるべきだ」「各家庭に線量計を配布すべきだ」といった要望のほか、「防犯体制は大丈夫か」といった不安の声も上がった。
説明会は8、9の両日も行われる。

2012年04月08日 日曜日 河北新報


実際の市民説明会の映像が公開されている。各社の報道と比較して見て欲しい。








Video streaming by Ustream


もう一点。こちらは楢葉町へ細野環境相が出向いた記事とライブ録画。


環境相が「中間貯蔵」意義強調 地元からは疑問、不満

 いわき市で7日に細野豪志環境相と楢葉町議が除染で生じた汚染土壌などの中間貯蔵施設設置について意見を交わした同町議会全員協議会。細野環境相が「強固で安定的な施設になる。生活に支障を来すような施設には絶対にしない」と説明。同町への設置方針をあらためて示し、建設工事や施設管理などで雇用の確保にもつながる考えを強調した。一方、参加した議員からは疑問を呈する声が相次いだほか、町民からも政府への不満が噴出した。
 細野環境相は全員協議会の席上、中間貯蔵施設について「貯蔵だけでなく、減容化施設、受け入れ・分別、モニタリング施設などで構成する。働く場所の提供など多様性がある。単なるごみ捨て場、迷惑施設ということにはしない」として、施設の意義や在り方などを説明。その上で、「あくまで政府の考え。皆さんのお話を伺い、具体化を進めていきたい」と述べ、設置について、地元意見を尊重する考えを強調した。
(2012年4月8日 福島民友ニュース



なぜ町長選の最中に来た…細野環境相に楢葉町議

 福島県楢葉町議会は7日、放射性物質に汚染された土壌を保管する中間貯蔵施設の設置をめぐり、全員協議会を開いた。

 細野環境相が出席して説明したが、議員からは「現段階では容認できない」など反対する声が聞かれた。同町議会は町内での施設建設反対の意見書を採択している。

 環境相は「楢葉町では減容や研究など(の機能)も併設される多様な施設を考えている。町の復興計画に役立つものを考えなければならない」「比較的線量の低い楢葉町に施設を造って除染の拠点にし、技術開発をすることで双葉郡全体の除染・復興の突破口にしたい」と理解を求めた。

 議員からは「なぜ町長選と町議補選の最中に説明に来たのか」「施設の周りで子供たちがサッカーなどをする姿を想像できるか」などの厳しい質問が出た。

 説明後、山内左内議長は「今後も継続的に説明してくれるというので評価したい。しかし、今の段階では施設の受け入れは容認できない」と述べた。

(2012年4月8日14時18分 読売新聞


楢葉町・議会全員協議会








Video streaming by Ustream








Video streaming by Ustream

スポンサーサイト

南相馬 | comment(0) |


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。