原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/12 15:15
第一原発、窒素注入30分停止

TVなどでは、昨日の復興イベントの報道や参院予算委員会の報道ばかりですが、さりげなく福島第一原発が危ない状況だったようです。
長期に渡り「綱渡り状態」が続いていますが、肝心の周辺自治体には「寝耳に水」のようです。


第一原発、水素爆発防止の窒素注入30分停止
 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1~3号機に対する窒素注入が約30分間停止したと発表した。

 同日午前11時50分頃、原子炉の水素爆発防止のために1~3号機の圧力容器と格納容器に窒素を供給する装置が停止した。午後0時20分頃、予備の供給装置を起動して窒素注入を再開した。この間、水素濃度の大きな変動はなく、安全上の問題はなかったと説明している。

 計算上は、30時間停止すると、再び爆発する恐れがある。停止した窒素供給装置では、過電流の警報が発生しており、東電では詳しい原因を調べている。

(2012年3月12日14時48分 読売新聞)


関連記事
スポンサーサイト

未分類 | comment(0) |


<<事故初期のスペクトルデータ: 大熊町大野MP、事故初期のスペクトルデータ | TOP | 南相馬市の土壌スペクルデータ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。