原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/27 15:16
南相馬で孤立死か?

※3月28日、記事追加


旧避難準備区域に母子遺体=死後2~3週間、孤立死か-福島・南相馬

 福島県南相馬市原町区の住宅で2月下旬、母親(69)と長男(47)の遺体が見つかっていたことが27日、分かった。市によると、いずれも死後2~3週間経過していた。県警南相馬署は事件や自殺の可能性はないとみており、孤立死したとみられる。現場は東京電力福島第1原発事故の影響で昨年9月まで緊急時避難準備区域に指定されていた。
 近所の住民らによると、死亡した母子は2人暮らしで、商店街にある3階建ての店舗兼住宅に住んでいた。3~4年前に閉店し、近所付き合いはあまりなかったという。訪れた次男が2人の遺体を発見。長男はこたつの中で死亡し、約1週間後に母親も亡くなったとみられるという。(2012/03/27-13:11)



南相馬では昨年、義捐金や東電仮払金を収入とみなし、一時的に458世帯の「生活保護の打ち切り」が行われていた。
これも異常な市政を見せる南相馬らしい出来事だった。
その後、見直しが行われたが、この家族は漏れていなかったのだろうか?
黒い粉だのマラソンだのと騒いでいる中で、人はあっけなく死んで行く。



南相馬市の処分取り消し 生活保護打ち切りで
2011.12.23 18:38
 福島県南相馬市で、東日本大震災の義援金や福島第1原発事故による東京電力からの仮払い補償金を収入とみなされ、被災者の生活保護打ち切りが相次いだ問題で、県は23日までに、市の打ち切り処分の取り消しを求めた住民3人の審査請求を認め、処分取り消しの裁決をした。

 市は「速やかに対応したい。他にも同様の住民がいないか確認する」としており、3人には処分後に受け取るはずだった分を、さかのぼって支給する方針。

 担当弁護士によると、裁決は12月21日付。市の調査に不備があり、生活実態を十分に把握していなかったなどとしている。義援金などが収入に当たるかどうかについては明確な判断はしていないという。

 日弁連の調査では、青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県で、458世帯が生活保護を止められたことが判明。うち約半数が南相馬市の被災者だった。



(追記)
亡くなった家族は、昨夏に民生委員から「不審なけががある」として虐待の疑いの通報を受けていたそうだ。
市からの支援も対象外だったそうだ。
死因は病死である。長男がこたつで死亡後、放置した母親も同じく病死?
辻褄が合わない。



福島第1原発:旧避難準備区域で親子が孤立死 南相馬

 福島第1原発事故の緊急時避難準備区域(昨年9月末解除)に指定されていた福島県南相馬市原町区の住宅で2月下旬ごろ、この家に住む女性(69)と長男(47)が相次いで死亡していたことが分かった。発見まで約2~3週間周囲に気付かれず、病気で「孤立死」したとみられる。

 市などによると、住宅は市の中心街にある。親子は自宅1階で商店を経営していたが、数年前から閉店していた。緊急時避難準備区域の指定中も、周辺には居住している人が多くいたという。通報を受けた警察官が、2人が死亡しているのを発見した。

 市は昨年8月、この女性について担当の民生委員から「不審なけががある」として虐待の疑いの通報を受け、県警と共に訪問。当時は2人とも通常の生活を送り外出も可能だったため、「問題なし」と判断した。その後、「仙台の次男宅へ避難する」との情報が寄せられていたという。

 市の担当者は「69歳という年齢や長男と暮らしていることから、要支援の対象にはなっていなかった」と話している。【泉谷由梨子】



(3月28日、追加)

福島・南相馬の孤立死:親子持病、交通手段なく 医療環境悪化一因か

 福島第1原発事故に伴い昨年9月まで緊急時避難準備区域だった福島県南相馬市原町区の住宅で「孤立死」したとみられる女性(69)と長男(47)が、いずれも別々の持病で入院歴があったことが分かった。東日本大震災と事故のため同市では、避難区域内の病院が休止したり医療従事者が避難したりして医療環境が悪化しており、母子の孤立死の一因になった可能性もある

 市や近所の人の話などによると、民生委員から連絡を受けた次男が仙台市から駆けつけた2月26日に見つかった。先に死亡したとみられる長男がこたつに入った状態で、女性が傍らで倒れ死亡していた。母子は乗用車を持たず、長男が食事の世話をしていたらしい。

 女性は持病のため市内の病院に数年前入院、退院後はバスで通っていた。通院先は事故に伴い休診、昨夏の再開後も医師不足などから診療日と時間を制限している。昨年8月ごろ女性は次男宅に一時避難し、同12月中旬に南相馬市に戻った。だがバスなどの通院手段に事欠き、事故前のような診療を受けられなかったとみられ、同様の理由で長男の病状も悪化した恐れがある。

 今年1月末~2月初旬には、買い物に出る女性の姿が近所で時々目撃されていた。近くの自営業の男性は「明るく元気だったのに、帰宅後はかなりやせて、まるで別人のようだった。原発事故の弊害だと思う」と憤った。【泉谷由梨子、高橋秀郎】

毎日新聞 2012年3月28日 東京朝刊



南相馬市は、「WBC検査へ副市長の横やり」や、「学校給食の放射能検査を拒否」した事でも有名だが、実は病院人事にも口を挟んでいた。
浜通りの行政は狂っていると良く聞くが、実害が出てきているようだ。
まさか、この事件の公表が遅れた事にも関与しているのだろうか?


cc.jpg
関連記事
スポンサーサイト

南相馬 | comment(0) |


<<加速する避難区域解除 | TOP | 瓦礫の受け入れ問題>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。