原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/29 10:27
首都圏でコバルト60検出

アーニー・ガンダーセンの「Fairewinds Associates」で首都圏で採集した土壌サンプルの調査結果が公開されている。

渋谷・鎌倉・千代田区(公園・屋根)・日比谷公園で採取した土壌5検体とも、米国の「放射性廃棄物」に該当する汚染レベルであるとの結果だ。
(※動画を見る限り、採取された土壌は雨水が集積・濃縮される場所から採取されたようである)

注目する点は、コバルト60(Co-60)、ウラン235(U-235)が検出されていることだ。
渋谷区の土壌汚染が最も酷く、コバルト60が1481 Bq/kg(= 40 pCi/g)も検出されている。
また、コバルト60は鎌倉・日比谷公園の土壌からも検出されている。
さらに鎌倉でウラン235が「陽性」と出ていることだ。

dd.jpg





阿修羅より転載
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2012 年 3 月 26 日 05:30:36: FpBksTgsjX9Gw

要約です。

* 3月13-15日にワシントンDCで、米国原子力規制委員会(NRC)、規制情報会議が行なわれた。
 席上でグレゴリー・ヤッコ委員長は、NRCも原子力業界も、原発の運転を許可するに当たり行なった
コスト利益分析において、大規模な避難や放射能汚染を全く考慮していないことを憂慮。

* フェアウィンズは、原発周辺の避難だけでも軽く1兆ドルを超え、何世代にも渡り居住不可能となると
 考えている。

* 数週間前に東京の5ヶ所で土壌サンプルを採取した。場所は適当に選び、とくにホットスポットを
 選んだわけではない。分析の結果、全サンプルとも米国では放射性廃棄物として扱うべきレベルで、
 テキサスの処分場に送らなければならないことが判明した。

* ワシントンDCから100マイル圏内にいくつも原子力施設がある。東京は福島原発から約200マイル。
 その土壌が放射性廃棄物並みに汚染されている。我々の首都も容易に汚染されるだろう。

* 日本で起きたことを教訓に、新規も運転中の原発も、運転許可を与えるには、
  避難や汚染による損失を含めてコスト利益分析をすべきだというヤッコ委員長の意見を支持する。

ガンダーセン氏は土壌のデータ値について言及していませんが、ビデオの中で示された表によると、
土壌サンプル場所は、渋谷区、鎌倉、千代田区(公園、ビル屋上)、日比谷公園の5ヶ所で、
測定値は次の通り。(1 pico Ci/gram = 0.037 Bq/gram = 37 Bq/kg)

セシウム 137: 18 - 167 pCi/g (666 - 6179 Bq/kg)
セシウム 134: 19 - 137 pCi/g (703 - 5069 Bq/kg)
コバルト 60: 9.1 -40 pCi/g (336.7 - 1480 Bq/kg)



関連記事
スポンサーサイト

海外報道 | comment(0) |


<<加速する原発再稼働 | TOP | 加速する避難区域解除>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。