原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/08 17:39
(続)郡山の学校に「ホットスポット」 情報公開で判明

この件、報道された当日から除染作業を開始しているそうだ。
今回の活動の中心となった、福島に残り子供たちを守る活動をされている市民団体「安全・安心・アクションin郡山」にエールを送りたいと思う。


学校のホットスポット除染 郡山市 初日は薫小など4校  

 郡山市は7日、市内の湖南小・中学校を除く小学校57校、中学校27校で側溝など比較的放射線量の高い場所の除染を始めた。初日は薫小など4校で実施し、市の委託を受けた業者が側溝の洗浄や体育館裏の落ち葉除去などに当たった。6月上旬までに各校の作業を完了する予定。
 市は児童生徒の使用頻度が高い校庭などの表土除去を終えている。さらに1月から中庭や排水口、側溝など放射性物質のたまりやすい8カ所について、全小中学校で線量を測定した。高さ1センチの最高値は安積中の側溝の毎時20・40マイクロシーベルトだった。小学校の基準としている高さ50センチでは大島小体育館裏の毎時3・15マイクロシーベルト、中学校の基準の高さ1メートルでは富田中体育館裏の毎時1・89マイクロシーベルトが最高だった。市は対象の場所に近寄らないよう指導し、順次除染を進める。

(2012/05/08 09:49 福島民報)


郡山市が小中学校、保育所の高線量箇所除染開始

 郡山市は7日、公立の小中学校と保育所で側溝など局所的に放射線量が高い箇所の除染を開始した。初日は、片平、喜久田、薫、白岩の4小学校と安積、熱海の2保育所で実施した。
 このうち、4月17日の調査で側溝の放射線量が高さ1センチの地点で毎時4.971マイクロシーベルトとなっていた薫小では、作業員3人が除染を実施。側溝や側溝のふたにたまった落ち葉や泥を取り除いたほか、周辺の表土を3~5センチ程度除去した。
 除染は原則として全ての学校、保育所で行う。ただ、湖南地区など線量の低い学校、保育所もあるため、実態に応じて実施を判断する。
 市は校庭や園庭の表土を除去するなど、子どもたちの安全、安心な生活環境の確保を図ってきたが、雨水が流れ込む排水溝など場所によっては高さ1センチの地点で毎時12.20マイクロシーベルトと高い放射線量が測定されている地点もあるため、除染により線量低減化につなげる。

(2012年5月8日 福島民友トピックス)



関連記事
スポンサーサイト

郡山 | comment(0) |


<<裸のフクシマ | TOP | 郡山の学校に「ホットスポット」 情報公開で判明>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。