原発被災地の真実// ~The Silence of the Lambs~
2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/10 21:20
"In the Grey Zone" - Killing the Darlings of Minamisoma -

海外ドキュメンタリー映画"In the Grey Zone"が、去る4月末にスイスで開催された国際映画祭の"Doc Outlook International Market"で公開された。
福島第一原発から20~30kmゾーン(当時、屋内退避エリア)の「南相馬市」の悲劇を描いたドキュメンタリーである。



ディレクターのIan Thomas Ashは、昨年の震災時は東京に住んでいた。
震災直後より南相馬市に入り、当時の状況をカメラに収めていた。
市民目線、特に子供の目線で捉えたドキュメンタリーとなっている。

これには南相馬市の桜井市長ら職員の、非常に楽観視した当時のインタビュー映像も含まれる。
昨年3月25日以降、官邸指示である「屋内退避と自主避難要請」の中、「復興」を推し進めてきた市長の一端が垣間見られる。
また「絶対安心とは誰も言えない。しかし、安心してくださいとお願いできる。ここが大事です。」との山下俊一の名言も登場する。





その後もディレクターであるIanは、昨年9月と今年の3月にも南相馬市に訪れ取材を継続している。
なお、Youtubeで"In the Grey Zone"のTRAILERが公開されている。
  Documenting Ian

南相馬市長と言えば、米国Time誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた人物である。
今回のドキュメンタリーにより、「知らざれる南相馬市の実態」を世界はどう再評価するだろうか?

南相馬の問題点を早くから指摘する「福島 フクシマ FUKUSHIMA」さんの記事を参考までにリンクしておく。

  児玉教授の講演と南相馬市の除染をめぐって

  【論考】  復興計画とグローバル企業  ~南相馬市の場合~



(追記)

そんな南相馬市の旧警戒区域から、「550万Bq/kg超えの黒い粉(藍藻類)」が見つかっている。
そしてその事実を知らされず、市民とボランティアによる除染作業が行われている。

南相馬の大山さんより資料提供)
ms.jpg
関連記事
スポンサーサイト

南相馬 | comment(0) |


<<安全委員、全電源喪失「対策不要」と業界に作文指示 | TOP | (続)旧警戒区域のボランティア作業 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

閲覧者数:

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

プロフィール

Blade1024

Author:Blade1024

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。